クロダイルアー(チニング)のラインシステムはリグによって変わる

クロダイのルアーゲームのラインシステム

 クロダイのルアーゲーム・チニングではその釣り方によってラインシステムが結構変わります。

チニングのラインシステム

 もちろんやってやれないことはないのですが、ラインの違いで案外と釣果に差が出ると思いますので、できるだけ適切なラインシステムを組みたいところです。

 このページでは釣り方によるラインシステムの違いを紹介しています。

クロダイのポッパーゲームでのラインシステム

 PEラインは0.8~1.0号前後リーダーはナイロンの12~20ポンドくらいが平均的なところです。

チニングのポッパーゲーム

 ポッパーゲームではストップの時間を長く作らないのであれば、太さはあまり関係ないので、太目のラインを巻いておくほうが無難だと思います。

 また、PEラインでの釣りに慣れていないソルト初心者さんの場合、PEラインで釣りをすると糸絡み、バックラッシュ(?)、高切れすることも多くなるので注意が必要です。

 PEラインに慣れていない場合、ナイロンラインの8~12ポンド前後直結でOKです。ナイロンラインの方がクッション効果も高いし、ラインが沈みにくいのでメリットもあるのです^^

クロダイのミノーゲームでのラインシステム

 ミノーゲームのラインシステムはナイロンライン8~12ポンドくらいで十分です。

チニングのミノーゲーム

 ミノーゲームやこの下の項目で紹介するMリグでのクロダイゲームでは障害物の少ないポイントでの釣りになるのでラインを細くすることが可能です。

 ナイロンライン直結なので、システムも何もなく本当に気軽な釣りとなることが多いので個人的には大好きです。

 また、感度重視でPEラインで楽しむならPEライン0.6~1.0号リーダー12~16ポンドになると思います。

クロダイのMリグでのラインシステム

Mリグ

 Mリグ(Mリグの詳細はこちらのページの一番下に記載しています)でのラインシステムは感度を重視してPEライン0.4~0.8号リーダーに12~16ポンドになります。

 但し、周囲に障害物が多いポイントではもうワンランク太いラインを用意しておく方が無難だともいえます。

 フッキング直後、クロダイはめっちゃ走るので、障害物に巻かれて泣く・・・なんてことも普通にありますのでご注意を・・・苦笑。

クロダイのチヌボンボンでのラインシステム

 チヌボンボンでの釣りは特に感度重視の釣りとなります。ですので、メインラインは当然PEラインとなります。

 PEラインは0.6~1.0号リーダーはフロロカーボンラインの8~12ポンドを1m以下の長さがオススメです。

 また、いくつかの船頭さんにも聞きましたが、PE直結でやっている人も多いそうです。私も実際はPEラインに直結して釣りをしていますが、アタリはバンバン出ていて、釣果にそれほどの差を感じていません。

個人的に好みのライン-ファイヤーライン

 人による好みが大きいラインになりますが、私はPEラインよりもこちらのファイヤーラインが好みで直結して使用しています。

 PEラインより硬くて針金のような感じもしますが、その分根がかりを回避しやすいように感じています。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

橋脚周りのフォーリングゲームでのラインシステム

 この釣りでのラインは中空タイプのナイロンライン2~3号が面白い選択となります。

橋脚のフォーリングゲーム

 この中空タイプのラインはリグをゆっくり沈めることができるので、フォールスピードを制限することができるのが特徴です。

 ただし、流れの当たりが強いポイントでは逆に流されやすい傾向にもあるので、そういう時はPEラインの方が釣りをしやすいこともあります。(いや、PEも結構流されやすいけど)

フロートチヌ2号

 中空タイプのラインはあまり釣具屋さんでも見かけない気もするのですが、いくつか廃盤になっていってるようですね。

 このタイプのラインはフォールスピードを遅くできるラインで、水に浮くのでラインに出るアタリを取りやすいのです。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す
Page top icon