クロダイのシーズンと時合はいつか

 クロダイの季節は地域によってやや異なることもあるが、大抵同じです。基本的には適水温と産卵期を中心に考えるとそのシーズンが見えてきます。ではクロダイの季節と時合について順を追って記載していきます。

クロダイの適水温

水温

 生態のページでも適水温を記載しましたが、クロダイの適水温は10~30℃の範囲だと考えられています。中でも最も活性が高くなるのは20~25℃の範囲だと言われています。クロダイ(マチヌ)を例にとって考えてみると北海道から九州まで広い範囲に生息している魚ですので、このくらいの適水温の幅があって当然だともいえます。

 ですので、この水温になる季節が最もベストシーズンだといえます。私の住んでいる大阪だと、初夏の頃から秋頃目いっぱいまでがシーズンとなります。ただし、海藻の生え具合によって狙えるポイントが変わったりすることもあります。

クロダイの産卵期

クロダイ

 他の魚でもそうですが、ターゲット狙うにおいて産卵期を考慮することは大切です。その黒鯛の産卵期について考えてみることにします。

 クロダイ(マチヌ)の産卵は初夏~秋までと長期に渡って行われます。個体によって産卵期がまちまちだということです(こうすることにより絶滅しないようにしている)。こういった場合はそれほど産卵期を意識せずとも良いこともあります。いくつかが産卵期だったとしてもその他の個体はいつも通りの生活を送っているわけですから。

 対してキビレ(キチヌ)は産卵期がはっきりしています。産卵期は秋口で、やや深いポイントで産卵が行われるそうです。この産卵期になると良型サイズのキビレがいきなり釣れなくなります。産卵は深い場で行われるため、河川・河口の上流部から順番に釣れなくなってきます。これがキビレの産卵期の合図でもあり、逆に良型のクロダイ(マチヌ)を釣るチャンスの時期でもあります。

クロダイとキビレの時合について

 狙うポイントの地形や潮周りにもよるのですが、基本的には満潮になりそうなタイミング~満潮から引き始めの1時間以内が最も釣りやすいと感じています。特に『どシャロー(水深30cmなど)』を狙うような釣りの場合は満潮になって初めてポイントができあがるようなところが好ポイントとなることが多いので、満潮になるタイミングが狙い目となります。

クロダイのシーズン

 潮周りに関してはポイントポイントの事情により一概に大潮が良いとも限りません(但し、潮が動いていないのは論外ですが)例えば、満潮時のみポイントができるような、どシャローのポイントでは満潮に近い状態がダラダラと長く続くほうが釣りやすい傾向にあります。

 また、ボートゲームで橋脚やパイル周りを攻めるときも激流に落とし込むより、やや緩やかな時の方が釣りがしやすいことも大いにありえます。ポイントに何度か通ってみるとポイントごとの特性が見えてくるので、しばらくは通いつめるくらいの意気込みでチャレンジしてください!

Page top icon