橋脚やパイルの縦のポイント

 クロダイといえば落とし込み釣法が超有名です。それをルアー式に改変したものがこのページで紹介するフォーリングでの釣りです。基本は至って簡単で落とし込み釣法と何ら変わりませんが、基本的にはオフショアからの釣りになることが多いです。必要とされる技術は2つでピンポイントにルアーをキャストすること自然に落とし込むことです。

橋脚やパイルの選び方

橋脚ポイント

 基本的には船頭さんに任せておけば心配ないですし、おそらく手法も教えてくれると思います。が、ある程度知識として知っておきましょう。実際に船に乗ってポイントに言ってみるとたくさんの橋脚やパイルがあり、全部狙ってみたくなります。しかし、船頭さんに指示される橋脚は結構限られています。その理由をいくつか記載してみたいと思います。

  • イガイを食べた痕跡のある橋脚やパイル(貝が剥がれたところがある)
  • 3m以上水深のある橋脚やパイル
  • 潮の流れが良いポイントで潮の当たる側
  • 深いところで複合的な障害物がある

 上から順に解説していくと、食べた痕跡があるというのは当然、クロダイがいる証拠です。これを狙わずに流してしまうのは勿体無いですね^^次の水深のあるポイントというのは意外と重要です。あまり水深がないポイントではボートでのアプローチが難しいという点もあります。そして潮の当たるポイント側から狙うのが定石です。こちら側からのアクセスだと、橋脚側へとルアーが寄っていくのでギリギリのフォールをすることができます。これは何より重要なことなのです。さらに深いところで複合的な要素があるとなお良いポイントになりやすいですが、フッキング後のファイトが大変にもなります。うまくストラクチャーからクロダイを引き剥がすようにしましょう。

縦のポイントで使えるワーム

 当たっているルアーは船頭さんに確認するのが一番良いです。参考までに私が使用しているルアーなどをここで紹介したいと思います。私はこんなワームをよく使っています。

エコギア バグアンツ

 バグアンツは縦の釣りに使いやすいと思っています。うまくフォールさせて際に落とし込むようにすれば、小さなアタリが出たり、ふっとフォールが止まったりします。それこそがクロダイのアタリです。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

タンクヘッド

 バグアンツにあわせるのであれば、ジグヘッドはこちらのタンクヘッドが一番オススメです。重さはやはり2.5gか3.5gのものが一番釣りやすいと思いますが、状況によってはそれ以上の重さのものを使うこともあると思います。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

縦のポイントで使えるルアー

 基本的には水平フォールするものがオススメのようですが、個人的にはコスパが悪いのであまりハードルアーは使っていません。橋脚ポイントでは案外と意外に掛かってしまうことも多いですし、ファイトで橋脚側に逃げられてしまいラインブレイクからのロストというのも少なくありませんので・・・。

Page top icon