河川・河口ポイントとは

河口ポイント

 河川・河口のポイントは初夏~夏が最も熱い時期です。秋に入るとキビレ(キチヌ)が産卵のため深場へと下りていってしまうので、それまでが勝負のポイントとなります。また、雨水の流入などによる水質の変化に富むので状況が一転することも多い気難しいポイントであることも忘れてはなりません。

 このページではそんな河川・河口で狙うべきポイントをいくつか紹介していきます。まるでバスフィッシングのようなポイントを紹介していますが、ホントにクロダイが潜んでいますので騙されたと思ってキャストしてみてください。

水門や橋脚

水門ポイント

 水門や橋脚は条件をしっかりと抑えた好ポイントになります。こういった大きめの人工物はクロダイが身を隠すためのシェードにもなりますし、水の流れの変化を生み出しやすいポイントにもなります。また、どちらのポイントもイガイなどがついていたり、カニやエビが潜むことのできる地形であれば最高のポイントになります。

本流と支流の合流点

川の合流地点

 本流と支流の合流点はクロダイでなくとも他の魚でも好ポイントになることが多いです。状況により、本流を狙うか支流を狙うかのパターンがありますが、基本的な考え方としては水質の良い方を狙うと比較的釣りやすいと私は感じています。極端な例を挙げるとすると、澄んだ水が支流から流れ込んでいるのであれば、支流をメインに組み立てたほうが釣れやすいというわけです。

アシ際

アシ際

 バスフィッシングをしている方ならばイメージしやすいと思いますが、アシ際はエビやカニなどの甲殻類や小魚が潜んでいるポイントになります。当然、クロダイはこの甲殻類や小魚をエサとして生活していますので、アシ際が好ポイントとなるのです。ただ、やはりクロダイとのファイト時にアシ際に潜られてしまったりするので、注意が必要なポイントでもあります。

Mリグで攻める

 Mリグはボトムを歩く甲殻類を模したイメージの釣り方です。底が砂地などが多い河川・河口ならではの釣り方で底からルアーを引き剥がさないようにゆっくりじっくりゴリゴリ攻めることで釣果アップに繋がります。以下にMリグのルアーとチューンの仕方を紹介します。

ラパラ cd-7

 Mリグに必要なものと言えばこちらのラパラcd-7というルアーです。Mリグにおいて重要なことは、リトリーブの際に底を切らないことです。理由はこれは魚を模しているのではなく、甲殻類(カニとかエビ)を模しているので、底を切るのはおかしいのです。あと、下の写真にあるようにフックは必ず変えること。根がかりが多くなるとアクションが不自然になります。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

Mリグに必要なチューニング

 1.市販のcd-7に付属しているトリプルフックを全て外します。

 2.リアアイ(後のフックの部分)にスティンガーダブルフックを装着します。

 ベリーアイ(お腹のフックの部分)にはスプリットシンカー(#3~5くらい?)を挟む。

Mリグ

 たったこれだけです。ただ、シンカーの大きさをポイントの深さや流れの強さで変える必要があるので、ポイントについてからチューンする必要があるかもしれません。いくつかのパターンを用意してあらかじめいくつか作っておくのも手段ですね。

Page top icon