クロダイゲームの基本的な持ち物

 クロダイゲームは本当に手軽であることが最大のメリットだと考えています。それこそ、ロッドとリールとルアーさえあれば釣りが始められると言っても過言ではありません。しかし、やはり大型のクロダイがヒットしたり、安全面を考慮すると持っておきたい基本的な持ち物があります。このページではそんなアイテムを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

クロダイゲームに必要なタックル

夕暮れのチヌゲーム

 まずは釣りに絶対必須のタックルを記載してみたいと思います。具体的なロッドのメーカーや品番を知りたい場合は別のページにロッド・リールの選び方を記載したページがありますので、そちらをご覧ください。

  • 7~8ftくらいの専用ロッド(バス、メバル、シーバスロッドでも代用可)
  • 2000~3000番のスピニングリール
  • PEライン0.8~1.0号(ポッパーゲームならナイロンの8~12ポンド)
  • リーダー12~16ポンド(PE直結の方が良い場合もある)
  • ルアー(ポッパー、ミノー、ジグヘッド、ワームなどなど・・・)

 絶対に必須のアイテムと言えばこのくらいです。本当にバスフィッシングの延長のような感覚で釣りを始められるのが何よりのメリットです。一応、上記ではバス、メバル、シーバスロッドでも代用可能と書きましたが、シーバスロッドは長くて扱いにくい面があります。バス、メバルロッドではパワー(強度)が不十分なので、クロダイのパワーでロッドが折られる可能性があることを頭の片隅に置いておいて下さい。

ウエスト式ライフジャケット

 ルアーでのクロダイゲームは動きの多い釣りになるので、ウエスト式のライフジャケットが超絶にオススメです。私はバス釣りで使っていたベスト式のライジャケだったのですが、ウエスト式に一旦乗り換えてしまってからは戻れなくなってしまいました。ジギングなんかの船釣り以外のショアからの釣りでも、さほど荷物にならず気軽に持って行けるのでオススメです!!

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

ランディングネット

 足場の高いポイントや足場の悪いポイントではランディングネットは必須アイテムとなります。魚がキャッチできないだけであればさほど問題ではないのですが、無理な体勢で海へ転落したりして怪我をすることがないとも言えません。できるだけ軽いネットがラクチンですが、値段が高すぎるので、私は多少重いですが安価なものを使っています。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

フィッシュグリップ

 足場の低いポイントでは私はこのフィッシュグリップを使っています。想像以上に便利なので重宝しています。ただ、テトラではさすがに使いにくいです。魚を傷つけずにリリースするならこれくらいは最低でも持っておきたいところですねー。

楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooで探す

デイゲームにあれば便利な偏光サングラス

 ナイトゲームをメインに行うなら不必要ですが、デイゲームでのポッパーゲームなんかを楽しむのであれば、偏光グラスが必須アイテムとなってきます。これがあるとないではかなりの差が出ると私個人は考えています。持っていくのを忘れたときの不便さといったらもう・・・。ちなみに偏光サングラスのレンズの特徴は大体以下の通りです。

グレー系(スモーク系)の偏光サングラスの特徴

  • 平均的にどこでも使えるタイプ
  • 見た目の色をあまり変えないので、普段に近い感覚
  • 普段に近いから比較的疲れにくい

ブラウン~イエロー系の偏光サングラスの特徴

  • コントラストを際立たせる(くっきり見える)
  • 遠近感も分かりやすくなる
  • ゴロタ石や磯場などで使いやすい
  • 青い光をカットするので色調が変わってしまう

グリーン系の偏光サングラスの特徴

  • 海藻やコケなどの緑の多いポイントで役に立つ
  • 曇りの日など、暗い日でも使いやすい
  • 海藻が見やすい
シマノ
(スモーク系)
バリバス
(ブラウン系)
ダイワ
(グリーン系)
Page top icon